私たちについて

Mission

わたしたちは、持続可能で公正な未来を実現するために、
目覚め続ける世界市民のコミュニティを育みます。

Value

この活動に参加するすべての人を尊重します。そして参加しないすべての人も尊重します。目指すビジョンを実現するのは人。かけがえのない人と人がここに集い、この活動がはじまりました

つながり

すべての存在とのつながりを感じます。自分につながるすべての人。生きとし生けるもの。身の回りにある道具。自分が食する食べ物。そして地球。すべてのものとのつながりに思いを馳せます。

対話

心を開いて対話することを実践します。お互いの心の中にある声に耳を傾け、お互いの人そのものに興味を持って言葉を紡ぎ合います。

プロセス

プロセスを大切に扱います。今、そこに葛藤があったとしても、プロセスを丁寧に踏むことで未来への智慧が見つかります。そしてその智慧の中から結果が自ら姿を現すことを信じます。

オープン

この活動の場はすべてオープンなスペースです。つまりこの場への出入りは自由であり、安心してそれぞれの想いに沿って活動・発言ができる自由があります。そして、この場にある智慧、情報、出来事は場の外に向けても開かれています。

問い

常に問いを持ち続けます。言葉を手にした瞬間から「思い込み」がはじまります。さらに問いを持ち、言葉を更新し続けること。言葉にならないものに問いかけ、言葉にしていくことに挑戦します。

体現

わたしたちは、わたしたちの願いを体現する集まりです。外に求めるだけでなく、謙虚に自分達のビジョンを 自分達で示すことを意図して活動します。

Organization Profile

名称:特定非営利活動法人セブン・ジェネレーションズ

設立:2009年3月15日(2011年3月特定非営利活動法人として成立)

所在地:東京都文京区

連絡先info@sevengenerations.or.jp

役員

代表理事  野崎 安澄、桑原 康平

副代表理事 佐藤 さわ

理事    岩瀬 淑乃、川田 照義、関口 守

監事    大山 裕之

定款特定非営利活動法人セブン・ジェネレーションズ 定款

主な事業:

  1. 社会教育事業
  2. 人材育成助成事業
  3. 普及啓発事業
  4. 研究調査事業
  5. 他団体との情報交換及びコミュニティの構築事業
  6. その他目的を達成するために必要な事業

設立趣意書:

書式第5号(法第10条関係) 特定非営利活動法人セブン・ジェネレーションズ 設 立 趣 旨 書 世界は今、環境の深刻な悪化、貧困や格差の増大など、環境的かつ社会…
docs.google.com

個人情報保護方針:

個人情報保護規定:

活動報告:

2019年度
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度

貸借対照表:

2019年度
2018年度
2017年度

活動計算書:

2019年度
2018年度

入会案内

セブン・ジェネレーションズの​ミッションや活動に賛同していただける方は、ぜひご入会ください。持続可能な未来に向けて、一緒に活動できることを楽しみにしています。

会員規約

【正会員】
 個人:12,000円/年
 団体:36,000円/年
 総会での議決権、イベント割引、企画の立案など

【賛同会員】
 個人:6,000円/年
 団体:18,000円/年
 一部のイベント割引、企画の立案など

 >> 入会のお申込みはこちら

 お問い合わせはお問い合わせフォームより承ります。
 info@sevengenerations.or.jp

会員紹介

正会員

赤塚 丈彦  秋山 紀子  安藤 和子  池山 康之  伊藤 ゆかり  宇佐見 博志  磨井 敦子

榎本 英剛  大西 良佳  金澤 好孝  河合 史惠  川崎 倫  川田 照義  木村 聡    

木越 省吾  小泉 正信  佐藤 扶由夫  佐和 奈緒子  嶋田 和宏  鈴木 核  田嶋 真紀 

宮田 恵  山本 陽子 

賛同会員

石黒 圭  久保 誠  栗田 勇樹  佐藤 枝理  仙田 典子  立岡 里司  俵山 美絵  外岡 卓之 宮本 大輝

Profiles of Trustees

代表理事 野崎安澄(Azumi Nozaki )

1978年東京生まれ、愛知県在住。4人家族(夫・男子2人)+チワワ暮らし。

ライター/家族を愛して世話する人/2018年より/NPO法人セブン・ジェネレーションズ理事/愛知アーバンパーマカルチャー発起人/育自の魔法ファシリテーター

小・中・高とキリスト教系学校に通い、授業で学んだ南北問題、環境問題・政治に興味を持ちました。2001年立教大学史学科を卒業。『個をあるがままに生かす』という創業理念に共感して、リクルートマネジメントソリューションズ(株)に入社。人材育成・研修・人事コンサルティングアセスメントの営業をしていました。結婚を機に退職し、中国天津で2年ほど暮らした後、帰国。イケメン男子2人を出産しました。

2015年末、初めてチェンジ・ザ・ドリームシンポジウムを受け、2016年のゲームチェンジャーインテンシブコースへ参加したことにより、人生が大きくシフトしました。

1人1人がそのままで認められ、あるがままに生きられる社会。そんな未来の出現のために、自分のできる役割を果たしていきたいと思っています。

代表理事 サウル桑原康平(Kohei Saul Kuwahara )

長崎県長崎市生まれ、東京都文京区在住、クリスチャン(聖公会信徒)

日常での生活の中で素直に暮らすことを形にしていくために、2019年3月にトランジション・タウン文京と一般社団法人カンパニアをそれぞれ仲間とともに立ち上げる。

また個人的なことは政治的なこととして、家族、ジェンダー、セクシュアリティ、障害などにある周辺化された存在、社会的な脆弱性と修復力に関心があります。

副代表理事 佐藤さわ(Sawa Sato )

宮城県在住。

東日本大震災をきっかけに公認会計士を辞め、宮城県仙台市にてNPOが母体のSawa’s Cafeというコミュニティカフェを運営していたが2016年7月閉店。

自らを社会変革実験台と位置づけ、「お金のために働かなくても人は幸せになれる」を証明すべくSawa’s Projectを展開中。

実際に、幸福度が前年度比1.5割増しくらいで右肩上がりに上昇中!

理事 岩瀬 淑乃(Yoshino Iwase)

静岡県生まれ。渋谷区在住。

普段はパーソナリティ診断の開発、プロコーチ、企業研修など、個人や組織の変容をサポートする仕事をしています。

2012年、会社員だった頃に初めてチェンドリに参加。そのビジョンに魅了されるも、世界の実情に絶望感を抱き、自分の無力さに打ちひしがれ、「見て見ないふり」をしながら「自分のことで精いっぱい」な日々を過ごす。

退職して独立するタイミングで、海外のエコビレッジやトランジションタウンの本拠地にスタディツアーで訪れたり、パーマカルチャーデザインを学ぶ。2018年GCIの受講を皮切りに、チェンドリのファシリテーター、広報チームや理事のサポート、SG渋谷の立ち上げなど、セブンジェネレーションズの活動に注力。2019年、コミュニティの仲間と共に一般社団法人カンパニアを立ち上げ、理事としての活動も開始。2020年より現職。

理事 川田照義(Teruyoshi Kawata)

1956年香川県生まれ、神戸市東灘区在住 2人家族(妻一人) 

2019年7月より*コミュニティ・サポートセンタ(CS)神戸で研究員として勉強中

2020年2月22日(土)にセブン・ジェネレーションズ理事に就任

持続維持可能なNPOを目指し取り組んでいきます。

2020年4月よりCS神戸・**あすパークコーディネータに着任

コミュニティビジネス、地域食堂、居場所及び将来を展望した社会のモデル、

持続維持可能なコミュニティに取り組んでいきます。 

『つながりの花を咲かせる翁』として

「最後まであきらめない。」

「やってみなはれ!」

*CS神戸: http://www.cskobe.com/  

**あすパーク: https://www.facebook.com/aspark.cskobe/ 

           

理事 関口守(Mamoru Sekiguchi )

Wheaton College,IL. MA

キリスト教教育をベースとし、米国・イリノイ州ホイートン・カレッジで体験学習や野外教育の分野での修士課程を修了。帰国後は世界的な野外教育機関アウトワード・バウンドスクールにて体験学習教育指導に従事。以降、体験学習手法をとりいれた企業研修企業Impact Japanでの研修講師、国際環境NGOグリーンピース・ジャパンでのキャンペーナー職を経て2016年7月に独立。

現在は「地球とつながり、人とつながり、自分とつながる」ことを体験を通してサポートすることを旨としPathway を主宰するとともに、特定非営利活動法人セブン・ジェネレーションズのプログラム・コーディネーターとして、環境的持続可能性、社会的公正、個々の精神的充足感などを高めるためのプログラムを提供。

体験学習に基づく教育プログラムや企業研修プログラムの提供を中心に、ホールシステム・アプローチによる対話の場のファシリテーション、さらに環境・社会問題やダイアログを取り入れたワークショップ等での日英通訳、翻訳、アウトドア体験提供など多岐にわたって活動。

Profiles of Training Leaders

セブン・ジェネレーションズでは、下記のトレーニングリーダーがチェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム ファシリテーター・トレーニングをリードしています。

田島 真紀(Maki Tajima)

旅が好きで、世界の各地を旅したり暮らした体験から、私たちの暮らし方がどう世界に影響しているのか、物は私たちを幸せにしないのだ、ということも実感しました。

小谷 真司(Shinji Kotani)

京都府生まれ。

大学卒業後、30年以上一つの企業に勤務している。

途中、労働組合専従役員を8年間経験、言葉の力やコミュニケーションに興味を持つきっかけとなり、その後コーチングやファシリテーションについて学びを深める。

2009年よりチェンジ・ザ・ドリーム シンポジウムファシリテーター。

2015年からトレーニングリーダーとなる。

勤務先企業のビジョンとチェンジ・ザ・ドリーム シンポジウムの世界観に共通するものを感じ、営利企業に勤務しつつSevenGenerationsの活動に参画する道を選んでいる。

より多くのITに関わるビジネスパーソンがチェンジ・ザ・ドリーム シンポジウムに魅かれるにちがいないと考えており、現代社会の夢を変えるために活動を続けている。

サウル 桑原 康平( Saul Kohei Kuwahara )

長崎県長崎市生まれ、東京都文京区在住、クリスチャン(聖公会信徒)

日常での生活の中で素直に暮らすことを形にしていくために、2019年3月にトランジション・タウン文京一般社団法人カンパニアをそれぞれ仲間とともに立ち上げる。

また個人的なことは政治的なこととして、家族、ジェンダー、セクシュアリティ、障害などにある周辺化された存在、社会的な脆弱性と修復力に関心があります。

鳥谷部 愛( Ai Triyabe )

Field of Wings代表 ワーキングマザーコーチ

東京都出身。早稲田大学卒業。

大学卒業後、社会で活躍する人材を育成したく、恵比寿にある人材開発コンサルティング会社に勤務。一部上場企業を始め、大手企業をメインクライアントとして経営幹部、次世代リーダーの育成に携わる。

2010年に長女、2013年に次女を出産し子育て真っ最中。

2014年は次女が待機児童になってしまったため、自分で主催するワークショップをはじめ、仕事のミーティング、勉強会などにも子連れスタイルで参加していたが、2015年無事入園。2016年には、ワーキングマザー向けの葛藤解決ワーク、コーチングなどその活動を充実して生きていきたいママに向けて発信している。

2013年にリン・ツイストの書籍『ソウル・オブ・マネー』に出会い、現代の資本主義社会が欠乏のストーリーから動いているということを実感。

それならば、欠乏や恐れからではなく、全体性のつながりと愛をベースに自分のことを自分で決めて充実した人生を生きる人を増やそう、と個人の変容にフォーカスしたコーチング・ワークショップを実施している。

自分の足りなさを埋める生き方ではなく、もっと自分もパートナーも子どもも大切にして生きていくことが社会をよりよくすることにつながると考え、「チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム」をはじめ、「育休ママ会」、「ワーキングマザー向けコーチングセッション」、「ワーキングマザーのための葛藤解決ワーク(1日版)」などを定期的に開催している。

2015年よりトレーニングリーダーになる。

URL : http://fieldofwings.jimdo.com/

佐藤 扶由夫( Fuyuo Sato )

プロフェッショナルコーチ
CRRジャパンファカルティ http://www.crrjapan.co.jp
東京外国語大学卒業 東京都出身

私立中高一貫校で教鞭をとる中でコミュニケーションの難しさ、面白さに魅かれ、「未来塾異文化対応訓練コース」(現バベル・ユニバーシティ)などで探求を進める。2003年にコーチングを学び始め、その後勤務校で同僚の教職員にコーチングセッションを行う組織内コーチ(スクール・コーチ)を業務として開始。7年間でのべ1200時間のセッションを行いながら、学校組織活性化の一端を担った。

独立後はグローバル企業から地域の小規模な組織まで組織開発や研修などで関わっている。

また、「自然、人、つながり」を自身のライフテーマとして世界最大規模のアウトドア・サバイバルスクールである Tracker School や Boulder Outdoor Survival School など国内外の様々なアウトドア・プログラムに参加し、自然に対する学びを深めてきた。

自然環境と社会の両方へ働きかける活動の一環として、チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム のトレーニングリーダーなどもしつつ、八ヶ岳山麓の森に移住し新しい生活の仕方を家族と共に模索している。

赤塚 丈彦( Takehiko Akatsuka )

高知大学教育学部卒業 大阪府出身

高校の保健体育科教員として1年勤務後、複数の企業で人事としてキャリアを積み独立。

2人の子どもの父として「この子達に残していきたい社会ってどんな社会だろう?」という問いを持つ中で、2009年、チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウムに出会う。このプログラムで伝えられていることに向き合うことが自分なりの答に近づくと感じ、セブン・ジェネレーションズの活動に参画。

2011年3月セブン・ジェネレーションズがNPOとして再出発のタイミングで代表理事に就任。トレーニングリーダーとしても初期の段階からファシリテーター養成に関わりながら現在に至る。

他の市民活動では、2012年ブラジルで開催された国連地球サミット(リオ+20)にNGO地球サミット2012ジャパンの一員として参加。その場に向けて日本の声を届けるJapanVOICESプロジェクトでは中心メンバーとして日本全国でダイアログ(対話)の場を企画・実施し、2000名近い声を集めた。

ビジネスの分野では、コーチや研修講師、ファシリテーターとして、個人や企業、学校現場に対して新しい社会にむけた変容のサポートを行っている。

私生活では家族との生活を大切にしながら、野菜やお米を仲間と育てたり、森に入る時間を増やし、自然との手触りあるつながりを楽しんでいる。

丸山 まゆみ( Mayumi Maruyama )

中外製薬株式会社 人財開発プロフェッショナル
コーアクティブ・コーチ/関係性システムコーチ
一般社団法人 組織共創アカデミー理事(ファシリテーション塾講師)

「働く人が変われば、世界が変わる」

そのために、働く人の中から変革を起こしていくことを仕事にしている。

企業内の人財育成・組織開発に加え、会社を超えたネットワークを通したファシリテーター型リーダーの育成や、医療でのつながりを取り戻すための対話やワークショップなどの活動をしている。

チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウムとは、2009年「最高の居場所」(現:NPOはたらく場研究所主催)で出会い、まったく関係のない領域だと思っていたところから、このままにしてはいけないような気がして、同年ファシリテーターになる。

2010年には、アマゾンツアーに参加し、「私たちの家は、あなたたちの家です。いつでも帰ってきてください。そして、このことをあなたの世界の人たちに伝えてください。」というアチュア族の呼びかけが、今も深く刻まれている。

塚田 康盛( Yasumori Tsukada )

NPO法人セブン・ジェネレーションズ前代表理事

関西学院大学経済学部卒業 兵庫県西宮市生 東京都在住

プロフェッショナルコーチ(C.P.C.C.) 茶道講師

2006年家業の経営から隠退。2009年、日本で行われた初めてのチェンジ・ザ・ドリーム シンポジウムファシリテータートレーニングに参加し、それ以来、年間20回以上のシンポジウムを継続して開催し続けている。また、2010年よりトレーニングリーダーとして200人以上のファシリテーターを育成している。

チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウムの改訂にあたっては、Ver2.5及びVer3.0改訂・翻訳プロジェクトの中心的人物となり、現在のチェンジ・ザ・ドリーム シンポジウムの礎を築く。

人々にチェンジ・ザ・ドリーム シンポジウムの目的である「環境的に持続可能で、社会的に公正で、精神的にも充足した生き方を実現する」ということを伝える役割を持っていると確信し、行動し続けている。

1998年より、プロフェッショナルコーチとして、これまで累計100名を超えるクライアントをコーチするとともに、研修講師として多くの企業研修にも携わる。

また、視覚障害者の職域開発のため10年以上にわたって、視覚に障害のある方々にコーチングを伝え続けている。

尚、近年は茶道講師として、企業内での茶道指導にもあたっている。

二子 渉( Wataru Futako )

株式会社ウインドミルアソシエイツ 代表

東京工業大学大学院卒業 工学博士

2000年より経済産業省産業技術総合研究所で半導体界面の物理学や人工ダイヤモンドの研究をしていたが、アメリカオレゴン州のプロセスワーク研究所のディプロマプログラムで学んだのち、カウンセラーとして銀座メディカルクリニック及びNECヘルスケアルームに勤務。

現在、経営者・事業主本人の願いを形にしていくビジネスコンサルティングを行っている。また、セミナー講師として全国で活躍中。インディアンの文化や科学・心理学の知見をベースに、地球と調和して生きること、人とのつながりを築いていくこと、自分や社会にとってのお金の意義を見直すこと、などを、自分自身の満ち足りている感覚につながりながら創り出す支援をしている。

Our History

パチャママ・アライアンスの歩み

1995年

アチュア族と共同創設者 リン・ツイストが巡り合う

1996年

パチャママ・アライアンス設立される

2005年

チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウムが生まれる

2014年

リン・ツイストが20年ぶりに来日し、チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウムを400人規模で実施する

​​

2016年

リン・ツイストが来日し「夢を変え、ゲームを変え、世界を変える」ワークショプを300人規模で実施する。

セブン・ジェネレーションズの歩み

2007年

創設者 榎本英剛が英国在住時にチェンジ・ザ・ドリーム シンポジウムと出会う

2008年

日本で初めてチェンジ・ザ・ドリーム シンポジウムが開催される

2009年

第1回ファシリテータートレーニングが開催される

2010年

エクアドル熱帯雨林へアチュア族を訪問するツアーに参加した後、榎本英剛がセブン・ジェネレーションズの継承を決める

2011年

NPO法人の認可を受ける

塚田康盛、赤塚丈彦が初代代表理事となる

2015年

赤塚丈彦、宇佐見博志が2代目代表理事となる

2017年

ゲームチェンジャー・インテンシブ日本語チームスタート

2018年

トランジションタウン×チェンドリ10周年記念イベント

ジョン・パーキンス、リン・ツイストオンラインイベント

2019年

​野崎安澄・桑原康平3代目代表理事となる

​チェンジ・ザ・ドリームシンポジウムVer.4の日本語版リリース

ブラーマクマリス主催イベントを共催

​ムーブメントメディスン創始者来日イベントを共催

私たちの取り組み

私たちは今どこにいるのか、どうやってここまで来たのか、何が可能なのか、どこへ行くのか?

私たちの社会では行動することに重点が置かれています。
そのため、社会的な不公正に直面したときに誰もが「急いで何かをしなくちゃ!」となりがちです。

​でも、もし根本的な原因を探ることなく行動だけを変えようとしたらどうなるでしょう。もしかしたら、ほどなくして同じことを違うやり方でただ繰り返しているだけだった、という話になるかもしれません。

そこで、すぐに解決策に走る前に「このような状況を引き起こした根本的な原因は何か?」を探り、このような状況を引き起こした「無自覚な前提」「思い込み」「世界観」を知ることが大切です。

​その上で、自分だけでなく仲間ともつながって行動していけば、必ず世界は変わります!
私たちは、その最初の一歩として「チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム」という参加体験型ワークショップをお届けしています。